立民・鉢呂氏、来夏不出馬 野田内閣で経産相

立憲民主党の鉢呂吉雄元経済産業相(73)=参院北海道選挙区=は21日、来年夏の参院選に立候補しない意向を自身のフェイスブックで明らかにした。「初当選以来、32年間にわたり政治活動をしてきた。道民の皆さまのご支援に、心よりお礼申し上げる」と書き込んだ。

鉢呂氏は農協職員を経て平成2年の衆院選で初当選。旧民主党の国対委員長などを務めた後、23年に野田佳彦内閣の経済産業相として初入閣した。

だが東京電力福島第1原発視察後に「放射能をうつす」という趣旨の発言をしたため、強い批判を受け辞任した。

その後の衆院選で落選。参院にくら替えし、28年参院選で国政復帰を果たした。