FW遠藤が米プロリーグ移籍 サッカー女子の日テレ東京V

遠藤純
遠藤純

サッカー女子、WEリーグの日テレ東京Vは21日、FW遠藤純(21)が米プロリーグNWSLに新規参入するエンゼルシティーに移籍すると発表した。女子日本代表「なでしこジャパン」として2019年ワールドカップ(W杯)フランス大会に19歳で出場、今夏の東京五輪でもプレーした。

エンゼルシティーによると、延長オプションが付いた2年契約。遠藤は日テレ東京Vを通じ、「東京五輪で、全てにおいて世界の選手と比べてかなり劣っていると痛感した。もっと世界で戦える、もっと応援される選手になりたい」とコメントした。福島県出身で、鋭いドリブルや強烈な左足のキックを武器とするアタッカー。18年にはU―20(20歳以下)女子W杯で優勝した。JFAアカデミー福島を経て、19年に日テレ東京Vに加入。日本代表通算21試合1得点。