酸素ボンベ、十分な生産体制に 「第6波」備え

工場内にびっしりと並ぶ医療用酸素ボンベ =21日、埼玉県朝霞市
工場内にびっしりと並ぶ医療用酸素ボンベ =21日、埼玉県朝霞市

新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染拡大への懸念が強まる中、医療用酸素ガスを製造する千代田メディカルガスセンター(埼玉県朝霞市)では流行の「第6波」への準備を進めている。

主な供給先は病院や搬送を担う消防署だが、「第5波」があった8月にはボンベを求める消防車両が敷地内に列をなしたこともあった。供給を滞らせないため、容器の発注を早めて必要な数を確保したほか、原料となる液化酸素の調達も進め、十分な生産体制を準備しているという。

工場内にびっしりと並ぶ医療用酸素ボンベ =21日、埼玉県朝霞市
工場内にびっしりと並ぶ医療用酸素ボンベ =21日、埼玉県朝霞市
工場内にびっしりと並ぶ医療用酸素ボンベ =21日、埼玉県朝霞市
工場内にびっしりと並ぶ医療用酸素ボンベ =21日、埼玉県朝霞市