自民幹部、文通費の日割り支給実現を断念

自民党の高木毅国対委員長=20日午後、国会内(春名中撮影)
自民党の高木毅国対委員長=20日午後、国会内(春名中撮影)

自民党の高木毅国対委員長は20日、国会内で記者会見し、国会議員に月額100万円支給される「文書通信交通滞在費」(文通費)を日割り支給に変更する法改正について、臨時国会での実現を見送る考えを示した。

高木氏は同日、立憲民主党や日本維新の会、国民民主党に日割り支給に変更する法改正を先行させ、21日までの臨時国会で実現するよう提案したが、折り合いがつかなかった。