ハンドでプロリーグ発足へ 2024年2月開幕

日本ハンドボールリーグの葦原一正代表理事は20日、東京都内で記者会見し、2024年2月にプロリーグを開幕させる構想を発表した。新リーグではチケットやスポンサーの収入をリーグが一括管理し、各チームに分配する〝共存共栄〟の形を目指す。

現リーグの大半を占める実業団チームの維持を認める一方で、参入条件として①11人以上のプロ契約(兼業可)②収容1500人以上のホームアリーナの保有③チーム名に地域名を入れる―などを掲げた。来年3月から入会の申し込みを受け付け、同7月に入会審査の結果を発表する予定。

バスケットボール男子のBリーグで初代事務局長を務めた葦原代表理事はハンドボールの高い潜在能力を強調し「リーグが全て管理、運営するというモデルは世界初の取り組みかもしれない」と説明した。