井岡「いい形で終わらせる」日本王者と4度目防衛戦

オンラインで記者会見する井岡一翔=20日、東京都内(志成ジム提供)
オンラインで記者会見する井岡一翔=20日、東京都内(志成ジム提供)

世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者の井岡一翔(志成)が20日、オンラインで会見し、31日に東京・大田区総合体育館で同級6位の福永亮次(角海老宝石)の挑戦を受ける4度目の防衛戦について「試合ができることを最優先に考えた。やるからにはいい形で終わらせたい」と語った。

当初は国際ボクシング連盟(IBF)王者のジェルウィン・アンカハス(フィリピン)との王座統一戦が予定されていたが、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」拡大の影響で中止になった。世界4階級を制した井岡は「目標がなくなり、心に穴があいたような感じだった」というが、「コロナ禍になって、望んでいるものがすべてできるわけじゃない。(試合が)できることに感謝して、この状況に挑戦する」と思い直したという。

対戦する日本王者の福永については「油断できない選手。気を抜かずにいきたい」と意気込んだ。陣営によると、アンカハス側とは福永戦後に対戦することで合意した。