前沢友作さんが地球へ帰還 カザフスタンの平原に着陸

ソユーズ宇宙船でカザフスタンの草原に着陸し、地球に帰還した前沢友作さん=20日(ロシア国営宇宙開発企業ロスコスモスのツイッターより)
ソユーズ宇宙船でカザフスタンの草原に着陸し、地球に帰還した前沢友作さん=20日(ロシア国営宇宙開発企業ロスコスモスのツイッターより)

日本の民間人として初めて国際宇宙ステーション(ISS)に滞在したZOZO(ゾゾ)創業者の前沢友作さん(46)が日本時間20日午後、ソユーズ宇宙船でカザフスタンに着陸し、地球に帰還した。ロシア国営宇宙開発企業ロスコスモスが明らかにした。 宇宙船は同午前8時50分ごろ、ISSを離脱して、地球を周回後に軌道を離れて大気圏に突入。同午後0時13分ごろ、パラシュートでカザフスタンの平原に着陸した。

前沢さんは帰還直前、ツイッターに「あっという間の宇宙での12日間でした」と投稿。ISS滞在中はユーチューブで動画を発信し、登録者数は滞在中に100万人を超えた。民間人のISS滞在は世界で10人目となった。

費用100億円ともされる宇宙旅行には「金持ちの道楽」などと批判も出たが、民間人による発信は宇宙への関心をより幅広い層に広げたと言えそうだ。体験が今後の活動にどう生かされるかが注目される。(共同)