2年連続2冠の巨人・岡本和、3億円で更改

巨人の岡本和真内野手は20日、東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉に臨み、9千万円増の3億円でサインした。「それだけ責任感が増している。もっと頑張らないといけない」と表情を引き締めた。

プロ7年目の今季はレギュラーシーズン全試合に4番で先発し、打率2割6分5厘、39本塁打、113打点。2年連続となる本塁打王と打点王の2冠に輝いたが、チームはリーグ3連覇を逃した。「正直、僕の中で、優勝していない(中での個人)タイトルはうれしくない」と唇をかんだ。

今季は安定した守備で目標としていたゴールデングラブ賞を初受賞したものの「送球では去年よりちゃんと足を使えた。でもまだまだ」。クライマックスシリーズは脇腹痛で全試合を欠場しただけに、「けがをしないようにストレッチとアップをしっかりして、練習する」と来季の逆襲を誓った。(金額は推定)