170億円詐欺罪で起訴 ソニー生命社員の男、東京

東京地検は20日、清算手続き中の海外子会社の銀行口座から米国の銀行口座に不正送金し、約170億円をだまし取ったとして、詐欺罪でソニー生命保険社員、石井伶容疑者(32)=東京都品川区=を起訴した。

起訴状によると、5月中旬ごろ、正規の取引を装い、ソニー生命の完全子会社の再保険事業会社「エスエー・リインシュアランス」(英領バミューダ、清算中)が米国に持つ銀行口座から170億円相当の米ドルを米国の銀行口座に送金し、だまし取ったとしている。