ダイハツ30年に全車電動化 国内、25年に軽EV投入

ダイハツ工業は20日、2030(令和12)年までに国内で販売する新型車を全て電動車にすると発表した。国内販売の大半を占める軽自動車は数年以内にハイブリッド車(HV)を発売し、25年までに電気自動車(EV)も投入する。安さが武器の軽はコスト高になる電動化が普通車に比べて遅れているが、脱炭素社会を見据えて開発を急ぐ。

奥平総一郎社長は同日の記者会見で、軽EVについて「(補助金を活用した実質負担が)100万円台でないとお求めいただけないと思う」と述べ、低価格化が重要になるとの見方を示した。課題となる電池は親会社のトヨタ自動車と共同で調達し、コストを抑えたい考えだ。