沖縄キャンプ・ハンセンのクラスター、180人に 厳格隔離

記者会見する松野官房長官=20日午前、首相官邸
記者会見する松野官房長官=20日午前、首相官邸

松野博一官房長官は20日の記者会見で、沖縄県の米軍基地キャンプ・ハンセン(金武町=きんちょう)で発生した新型コロナウイルスの大規模クラスターについて、同日朝までに米側から「少なくとも180人の感染が確認された」と報告があったと明らかにした。

松野氏は「米側は事案を深刻に受け止めている」と指摘。米軍側からは、感染者を基地内で厳格に隔離し、沖縄県と連携して濃厚接触者を追跡しているほか、PCR検査の実施やマスク着用など、感染防止策も徹底しているなどとする説明を受けたとした。

日本政府から米側に対しては、全ての関係者が在日米軍の指示を守り、違反者には処分を含む厳格な措置をとるよう申し入れ、在日米軍からは適切に対応する意向が示されている。