「悔い残るが本当に幸せ」 片野坂監督、退任会見で涙

大分の片野坂知宏監督=国立競技場(撮影・蔵賢斗)
大分の片野坂知宏監督=国立競技場(撮影・蔵賢斗)

来季J2降格となり、今季限りで退任する大分の片野坂知宏監督(50)が20日、昭和電工ドーム大分で記者会見に臨み「今年は悔しい思いばかりで非常に悔いが残るが、本当に幸せだった」と涙を流しながら話した。

就任6年目の今季はJ1で18位に終わり、J2降格が決定。最後の試合となった19日の天皇杯全日本選手権決勝では優勝を逃したものの、九州のJリーグクラブとして初の決勝進出を果たした。選手らに向けて「必ず来季につながる財産になると思う。厳しい戦いを勝ち抜いてほしい」とエールを送った。

J3だった2016年に就任。緻密な戦術と選手起用で組織力を高め、18年にJ2で2位に入ってJ1昇格に導いた。来季はJ1のG大阪の監督就任が有力となっている。