維新代表、文通費で自公を批判「やる気ない」

記者団の取材に応じる日本維新の会の松井一郎代表=20日午後、大阪市役所
記者団の取材に応じる日本維新の会の松井一郎代表=20日午後、大阪市役所

日本維新の会の松井一郎代表は20日、国会議員に支給される月額100万円の「文書通信交通滞在費」の見直しをめぐり、与野党合意ができていない現状について「自民党や公明党にやる気がないということだ」と批判した。大阪市役所で記者団に語った。

維新は使途公開と国庫返納をセットにした法改正を提案している。松井氏は「経費を前払いでもらい、領収書が必要ないというのは、民間ではあり得ない。納税者の感覚で経費を使うのが当然だ」と強調し、日割り支給への変更を先行しようとする与党を牽制(けんせい)した。

臨時国会で法改正が実現しない場合には、文通費を管理する専用の口座を維新所属の各議員が開設し、通帳や領収書をインターネット上で公開する考えも示した。