統計書き換え問題 集計方法変更、民主党政権時に決定

参院予算委員会=20日午前、国会・参院第1委員会室(春名中撮影)
参院予算委員会=20日午前、国会・参院第1委員会室(春名中撮影)

国土交通省の建設工事受注動態統計の書き換えをめぐり、同省が集計方法の変更を決めたのは旧民主党政権時代の平成22年3月だったことが、20日の参院予算委員会で明らかになった。同省幹部が「22年1月に省内に検討会を設置して議論を開始し、同年3月に結論を得た。必要な手続きや準備を経た上で25年4月分の数値から新しい推計方法に変更を行った」と述べた。自民党の山下雄平氏への答弁。

集計方法変更の検討を開始し、決めたのは鳩山由紀夫政権の時期と重なる。国交省の説明では、その後の菅直人、野田佳彦両政権時でも準備が進められ、安倍晋三政権の25年4月から実際に集計方法が変更されたことになる。

山下氏は「歴代の政権が問題を見抜けなかった。国会として政府が二度と過ちを繰り返さないよう再発防止に力を合わせなければならない」と訴えた。