世界王者戸塚が今季初V スノボのデューツアーHP

男子ハーフパイプ決勝 優勝した戸塚優斗=コッパーマウンテン(ゲッティ=共同)
男子ハーフパイプ決勝 優勝した戸塚優斗=コッパーマウンテン(ゲッティ=共同)

スノーボードの招待大会、デュー・ツアーは19日、米コロラド州コッパーマウンテンにトッププロが集結してハーフパイプ決勝が行われ、男子は昨季世界王者で20歳の戸塚優斗(ヨネックス)が95・50点で初制覇、今季公式戦でも初優勝した。

ワールドカップ(W杯)今季開幕戦を制した19歳の平野流佳(太成学院大)が89・00点で3位。冬季五輪2大会連続銀メダルの平野歩夢(TOKIOインカラミ)は史上初めて公式戦で縦3回転、横4回転の大技を決めたが転倒が響き、5位だった。

女子は冨田せな(アルビレックス新潟)が4位、冨田るき(チームJWSC)が5位、松本遥奈(クルーズ)が6位、小野光希(バートン)が8位。2018年平昌冬季五輪金メダルのクロイ・キム(米国)が制した。(共同)