J1鳥栖、金監督の退任を発表 Jリーグがパワハラ調査

J1鳥栖の金明輝監督
J1鳥栖の金明輝監督

J1鳥栖は20日、金明輝監督(40)が退任すると発表した。今季、リーグ戦では7位と健闘していた。クラブを通じ「今季をもって鳥栖を離れる決断をした。11年間、素晴らしいクラブで働けたことに感謝します」とコメントした。

金明輝監督については、選手らへの継続的なパワーハラスメント行為があったとする告発文書が日本サッカー協会に届き、リーグが調査。結果は出ていないが、指揮を引き続き執れるかどうかが不透明となっていた。