山梨県営の小瀬スポーツ公園にスケボー専用エリア、知事が表明

山梨県の長崎幸太郎知事は20日の会見で、県営小瀬スポーツ公園(甲府市)に、スケートボード専用エリアを新設すると発表した。東京五輪で日本選手のメダル獲得が相次ぎ、スケボー競技の人気が高まっていることに対応する。

県内の公営公園でスケボー専用エリアを設置するのは初めて。芝生広場に隣接しており、幅12メートル、長さ60メートルのコンクリートの平面で、来年3月下旬から供用を始める。無料で利用でき、ブロックなどの障害物を持ち込むことも可能。

長崎知事は、「一般の公園利用者とスケボーの共生を図るモデルとしたい」とし、他地域での展開も検討していくという。