4人刺傷、殺人未遂容疑でベトナム国籍の男逮捕

茨城県警本部=水戸市(永井大輔撮影)
茨城県警本部=水戸市(永井大輔撮影)

茨城県龍ケ崎市出し山町のアパートでベトナム国籍の男女4人が刺された事件で、県警竜ケ崎署は19日、殺人未遂の疑いで、アパートに住む同国籍の自称アルバイト作業員、ファン・バン・クィン容疑者(30)を逮捕した。「殺すつもりはなかった」と容疑を否認している。

逮捕容疑は18日未明、自宅で神奈川県愛川町のベトナム国籍の男性(28)の腹部を刃物で刺し、全治不詳のけがを負わせたとしている。男性は入院中。同署は他の3人にもけがを負わせたとみて調べているが、命に別条はない。

署によると、18日深夜に神奈川県警相模原北署管内の交番に出頭した。4人との間に何らかのトラブルがあり、話し合いのため、容疑者宅に集まったとみられる。