現場に焼けたオイルライター カメラに点火の様子も 大阪・北新地ビル火災

火災が発生したビルの前で手を合わせる男性 =19日午前、大阪市北区(永田直也撮影)
火災が発生したビルの前で手を合わせる男性 =19日午前、大阪市北区(永田直也撮影)

大阪市北区曽根崎新地のビル4階のクリニックから出火し、24人が死亡するなどした放火殺人事件で、クリニックに通院歴のある男(61)が催涙スプレー2本とオイルライターを持参した可能性の高いことが19日、捜査関係者への取材で分かった。クリニックの複数の防犯カメラに、男が来院から1~2分で放火するまでの一部始終が写っていた。大阪府警天満署捜査本部は、男が入念な準備をして放火した疑いが強いとみている。

一方、ビル火災の直前に放火された疑いのある男の居住先からは「消火栓をどうすべきか」などと書かれたメモが一部焼けた状態で見つかった。「隙間を何とかしなければ」とのメモもあり、実際に居住先の窓の隙間が補修材のようなものでふさがれていた。ただ意味不明な部分も多く、男の精神状態が不安定だった可能性がある。

捜査本部は19日未明、事件に関与した疑いがあり重体で治療中の男を、住所・職業不詳の谷本盛雄容疑者と公表した。

谷本盛雄容疑者
谷本盛雄容疑者

捜査関係者によると、搬送された谷本容疑者の所持品から、催涙スプレー2本が見つかったほか、現場に焼けたオイルライターが落ちていた。クリニックの防犯カメラには、谷本容疑者が大きな紙袋2つを両手に持って受け付けを済ませ、出入り口付近の床に置いた紙袋を蹴り倒してしゃがみ込み、紙袋から漏れ出した液体にライターのようなもので点火する様子が写っていた。出火後も谷本容疑者に逃げるそぶりはなく、火の中に入っていくような行動を取っていた。

事件では、心療内科「西梅田こころとからだのクリニック」にいた27人が心肺停止で病院に搬送され、男女24人が死亡。府警は19日、新たに犠牲者8人の身元を明らかにし、このうち1人はクリニックの西澤弘太郎院長(49)=大阪府松原市=だった。

捜査関係者によると、谷本容疑者は大阪市西淀川区姫島の住宅が居住先で、ビル火災の約30分前に居住先の一部を焼く火災が発生。ガソリンのような油分が検出され、谷本容疑者が放火した疑いが持たれている。