容疑者が催涙スプレー2本所持 大阪・北新地ビル火災 事前に入念な準備か

火災が発生したビルの前で手を合わせる男性=19日午前、大阪市北区(永田直也撮影)
火災が発生したビルの前で手を合わせる男性=19日午前、大阪市北区(永田直也撮影)

大阪市北区曽根崎新地のビル4階のクリニックから出火し、24人が死亡するなどした放火殺人事件で、火をつけた疑いが持たれている患者の谷本盛雄容疑者(61)=住所・職業不詳=が火災現場に催涙スプレー2本を持参していたことが19日、捜査関係者への取材で分かった。クリニックにある複数の防犯カメラ映像には、谷本容疑者が来院から1~2分で液体をまき、出火させる一部始終が写っていた。大阪府警天満署捜査本部は谷本容疑者が事前に入念な準備をしてクリニックに放火した疑いが強いとみている。

捜査関係者によると、搬送された谷本容疑者の所持品を確認したところ、催涙スプレー2本を所持していた。クリニックの防犯カメラには、谷本容疑者が大きな紙袋2つを両手に持って来院し、受け付けを済ませて出入り口付近の床に置いた紙袋を蹴り倒してしゃがみ込み、紙袋から漏れ出した液体から火が立ちのぼる様子が写っていたという。