山名2連覇、岩佐初V 全日本ショート

女子1500mで優勝した山名里奈=18日、丸善インテック大阪プール(彦野公太朗撮影)
女子1500mで優勝した山名里奈=18日、丸善インテック大阪プール(彦野公太朗撮影)

スピードスケート・ショートトラックの北京冬季五輪代表選考会を兼ねた全日本選手権最終日は19日、丸善インテック大阪プールアイススケート場で男女各2種目が行われ、前日の2種目を合わせて女子は山名里奈(山梨学院大)が2大会連続、男子は岩佐暖(きらぼし銀行)が初の総合優勝を果たした。山名は1000メートル、岩佐は1000メートルと3000メートルで勝った。

日本の北京五輪出場枠は男子が4枠、女子が3枠。既に五輪代表に決まっている男子の吉永一貴(トヨタ・中京大)ら3人、女子の菊池純礼(富士急)ら2人は出場しなかった。日本スケート連盟が残りの男女各1人を選考し、代表が出そろう。