クオリティは変わらない 新型レクサスNX250試乗記

フルモデルチェンジしたレクサスのSUV「NX」のエントリーモデルである「NX250」に小川フミオが試乗した。

By 小川フミオ

走りの良いSUV

レクサスが2021年10月7日に発売した新型「NX」は、運転が好きなひとも満足できる出来だ。今回はプラグインハイブリッドもラインナップされたなかで、まずここで紹介したいのは、もっともベーシックなモデルといえる「NX250」だ。よく走り、よく曲がる。

「ここからレクサス(車)の新時代」

メーカーが謳う新型NX。乗った印象をもとに、ひとことで表現すると“SUVではない”と、私は思った。スタイルはSUVだけれど、運転した感覚はスポーツセダンのように、操縦性が高い。ジャンルを超越した出来だ。


理由は、NXの開発陣のがんばり、というしかないだろう。「ドライバーの意図に忠実でリニアな応答」というのが開発の主目的のひとつ、と、レクサスインターナショナルのチーフエンジニア、加藤武明氏の言葉がある。いちばんに走ったのは、八ヶ岳連峰の一部をなす山岳路。NX250の印象は、楽しい。

楽しさの理由は、ハンドリングだ。ステアリング・ホイール(ハンドル)を切ったときのクルマの動きが、とてもキモチよい。運転している私の意図どおりにすっと曲がり、車体はあまり傾かないので、カーブが連続する道を速いペースで走っていける。

冬を迎えた蓼科は、交通量も少ない。「ビーナスライン」という山々を見下ろす屈曲路を走ったとき、対向車にすれちがわなかった。幸い、私がドライブしたときは、路面が凍結するほど寒くもなく、NX250のいいところをしっかり味わえた。