フォト特集

最後の工事区間で一般車両の通行始まる 三陸道、全線開通

全線開通し、多くの車が通行する三陸沿岸道路=18日午後、岩手県久慈市
全線開通し、多くの車が通行する三陸沿岸道路=18日午後、岩手県久慈市

東日本大震災の復興道路として国が整備してきた三陸沿岸道路(三陸道)が18日午後、全線開通した。最後に工事が終わった岩手県普代村―久慈市の25キロ区間で一般車両の通行が始まり、仙台市―青森県八戸市の全長359キロが直結した。

全線開通した三陸沿岸道路。奥は三陸鉄道リアス線=18日午後、岩手県野田村(小型無人機から)
全線開通した三陸沿岸道路。奥は三陸鉄道リアス線=18日午後、岩手県野田村(小型無人機から)

岩手、宮城、福島各県の太平洋沿岸と内陸部をそれぞれつなぐ四つの復興支援道路を含め、計約570キロの道路網が震災から10年9カ月で結ばれた。国費を投入したインフラ整備はほぼ完了した。

三陸道は1982年に一部開通し、震災前は約130キロが整備された。震災を受け、国が復興道路として事業化し、整備を急いだ。震災前の整備済み分と、四つの復興支援道路を合わせた事業費は計約2兆2千億円。

全線開通し、車の往来が始まった三陸沿岸道路=18日午後、岩手県野田村(小型無人機から)
全線開通し、車の往来が始まった三陸沿岸道路=18日午後、岩手県野田村(小型無人機から)
全線開通し、車が行き交う三陸沿岸道路=18日午後、岩手県久慈市
全線開通し、車が行き交う三陸沿岸道路=18日午後、岩手県久慈市
全線開通し、車の往来が始まった三陸沿岸道路=18日午後、岩手県野田村(小型無人機から)
全線開通し、車の往来が始まった三陸沿岸道路=18日午後、岩手県野田村(小型無人機から)
全線開通後、多くの車が行き交う三陸沿岸道路=18日午後、岩手県久慈市
全線開通後、多くの車が行き交う三陸沿岸道路=18日午後、岩手県久慈市
全線開通した三陸沿岸道路。左奥は三陸鉄道リアス線=18日午後、岩手県野田村(小型無人機から)
全線開通した三陸沿岸道路。左奥は三陸鉄道リアス線=18日午後、岩手県野田村(小型無人機から)

会員限定記事会員サービス詳細