永原、松本組らメダル確定 世界バドミントン第6日

男子ダブルス準々決勝 プレーする保木(左)、小林組=ウエルバ(共同)
男子ダブルス準々決勝 プレーする保木(左)、小林組=ウエルバ(共同)

バドミントンの世界選手権第6日は17日、スペインのウエルバで各種目の準々決勝が行われ、ダブルスの女子で3連覇を狙う永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)がブルガリアのペアを2―0で下し、3位決定戦がないため3大会連続のメダル獲得を確定させた。志田千陽、松山奈未組(再春館製薬所)、岩永鈴、中西貴映組(日本ユニシス)は敗退した。

混合で金子祐樹、松友美佐紀組を下した東京五輪銅メダルの渡辺勇大、東野有紗組(ともに日本ユニシス)と、ロシア連盟のペアを破った山下恭平、篠谷菜留組(NTT東日本)が4強入りし、準決勝で対戦する。男子は前回大会2位の保木卓朗、小林優吾組(トナミ運輸)が勝ち上がった。

女子シングルスの山口茜(再春館製薬所)も勝ち、2大会ぶりの表彰台を決めた。(共同)