フォト特集

三陸道、全線開通で式典

全線開通を控え、朝日に照らされる三陸沿岸道路=18日午前、岩手県野田村(小型無人機から)
全線開通を控え、朝日に照らされる三陸沿岸道路=18日午前、岩手県野田村(小型無人機から)

東日本大震災の復興道路として国が整備してきた三陸沿岸道路(三陸道)の全線開通を祝う式典が18日、岩手県久慈市で開かれた。最後まで残っていた普代村との県内25キロ区間で、午後3時から一般車両の通行が可能となる。仙台市―青森県八戸市の全長359キロが全てつながった。

震災から10年9カ月。被災地を南北に貫く大動脈の完成で、岩手、宮城、福島各県の太平洋沿岸と内陸部をそれぞれ東西につなぐ復興支援道路4本を含む計約570キロの道路網整備が終わった。

岩手県久慈市で開かれた、三陸沿岸道路の全線開通を祝う式典=18日午前
岩手県久慈市で開かれた、三陸沿岸道路の全線開通を祝う式典=18日午前

震災前、仙台―八戸は車で約8時間半かかったが約5時間に短縮。三陸一帯の移動が便利になり、観光客増加による地域活性化や水産物加工品の輸送効率化、企業誘致などに期待が高まる。

津波浸水区域を回避したり、高い場所を通ったりするよう設計。津波の際に周辺住民が道路に上がれるよう避難階段を設置した。

全線開通を控える三陸沿岸道路=14日、岩手県久慈市(国交省三陸国道事務所提供)
全線開通を控える三陸沿岸道路=14日、岩手県久慈市(国交省三陸国道事務所提供)
全線開通を控える三陸沿岸道路=14日、岩手県久慈市(国交省三陸国道事務所提供)
全線開通を控える三陸沿岸道路=14日、岩手県久慈市(国交省三陸国道事務所提供)
全線開通を控える三陸沿岸道路=14日、岩手県普代村(国交省三陸国道事務所提供)
全線開通を控える三陸沿岸道路=14日、岩手県普代村(国交省三陸国道事務所提供)
全線開通を控える三陸沿岸道路=17日、岩手県野田村(小型無人機から)
全線開通を控える三陸沿岸道路=17日、岩手県野田村(小型無人機から)
全線開通を控える三陸沿岸道路=14日、岩手県普代村(国交省三陸国道事務所提供)
全線開通を控える三陸沿岸道路=14日、岩手県普代村(国交省三陸国道事務所提供)
全線開通を控える三陸沿岸道路=17日、岩手県野田村(小型無人機から)
全線開通を控える三陸沿岸道路=17日、岩手県野田村(小型無人機から)
全線開通を控える三陸沿岸道路=15日、岩手県久慈市(国交省三陸国道事務所提供)
全線開通を控える三陸沿岸道路=15日、岩手県久慈市(国交省三陸国道事務所提供)
三陸道の全線開通を祝い、テープカットする関係者=18日午後、岩手県久慈市
三陸道の全線開通を祝い、テープカットする関係者=18日午後、岩手県久慈市
三陸沿岸道路の全線開通を祝い、通り初めを行う関係車両=18日午後、岩手県久慈市
三陸沿岸道路の全線開通を祝い、通り初めを行う関係車両=18日午後、岩手県久慈市

会員限定記事会員サービス詳細