首相「生きる力感じる」 報道写真展を観賞

「2021年報道写真展」を訪れ、カメラを手にする岸田首相(左)=18日午後、東京都中央区の日本橋三越本店(代表撮影)
「2021年報道写真展」を訪れ、カメラを手にする岸田首相(左)=18日午後、東京都中央区の日本橋三越本店(代表撮影)

岸田文雄首相は18日、東京都内で開催中の「2021年報道写真展」(東京写真記者協会主催)を観賞した。7月に静岡県熱海市で発生した土石流災害での救助の様子を撮った写真などを見て回り「苦しむ中で頑張っている人の写真が多く、生きる力を感じさせてくれる。国民のこうした力を結集し、困難にある国の再生へと道のりを進めたい」と記者団に述べた。

「2021年報道写真展」を鑑賞する岸田文雄首相(左)=18日午後2時37分、東京都中央区の日本橋三越本店(代表撮影)
「2021年報道写真展」を鑑賞する岸田文雄首相(左)=18日午後2時37分、東京都中央区の日本橋三越本店(代表撮影)

自身が10月4日の衆院本会議で第100代首相に選出された場面と、衆院選で当選が決まった候補者の名前にバラを付けている場面を捉えた写真に、それぞれ金色のペンで「岸田文雄」とサインした。

「2021年報道写真展」を訪れ、自身の写真にサインをする岸田首相=18日午後、東京都中央区の日本橋三越本店(代表撮影)
「2021年報道写真展」を訪れ、自身の写真にサインをする岸田首相=18日午後、東京都中央区の日本橋三越本店(代表撮影)
「2021年報道写真展」を鑑賞する岸田文雄首相(右)=18日午後2時38分、東京都中央区の日本橋三越本店(代表撮影)
「2021年報道写真展」を鑑賞する岸田文雄首相(右)=18日午後2時38分、東京都中央区の日本橋三越本店(代表撮影)

会員限定記事会員サービス詳細