「非情な結果となった」 飯塚繁雄さん死去 飯塚耕一郎さんがコメント

【拉致被害者家族らが岸田首相と面会】面会に訪れた(左から)横田拓也家族会事務局長、横田早紀江さん、飯塚繁雄家族会代表=10月18日午後、首相官邸(三尾郁恵撮影)
【拉致被害者家族らが岸田首相と面会】面会に訪れた(左から)横田拓也家族会事務局長、横田早紀江さん、飯塚繁雄家族会代表=10月18日午後、首相官邸(三尾郁恵撮影)

北朝鮮による拉致被害者、田口八重子さん(66)=拉致当時(22)=の兄で、拉致被害者家族会の前代表、飯塚繁雄さんが18日に死去したことを受け、八重子さんの長男で、同会の事務局長を務める飯塚耕一郎さん(44)が同日、コメントを発表した。全文は以下の通り。

父および前家族会代表の飯塚繁雄は、去る12月18日午前2時ごろ、(埼玉県)上尾市内の病院にて死去しました。享年83歳でした。

本来でしたら、生前お世話になりました皆さまに丁重にご連絡すべきところ、このような形でのお知らせとなり誠に申し訳ございません。深くおわび申し上げます。

別途、改めて記者会見や皆さまへのご挨拶の機会としてお別れの会などを設ける予定です。

葬儀については家族葬を予定しており、父をしめやかに送りたいと考えております。その点、ご了承頂きたく存じます。

生前、父が本当に全国の多くの方々にお世話になり大変感謝しております。

改めて息子である私からも御礼申し上げます。

ただ、田口八重子さんとの再会がかなわなかったことが無念であり、非情な結果となってしまった形です。

2002年に父、飯塚繁雄が妹を救う活動を公の場で開始して以降の長い年月が過ぎてしまいました。もう少しなにかできなかったものかと悔悟し、今後、私個人として、この悲しみ、怒りをどうすべきかとも考えております。

北朝鮮による拉致被害者家族連絡会事務局長 飯塚耕一郎

>拉致被害者家族会前代表、飯塚繁雄さん死去 83歳 田口八重子さんの兄