採石場でドライブシアター 大迫力映像で栃木を元気に

「大谷石」の採石場跡で開かれたドライブインシアター=18日夕、宇都宮市
「大谷石」の採石場跡で開かれたドライブインシアター=18日夕、宇都宮市

宇都宮市大谷町特産で石材として使われる「大谷石」の採石場跡で18日、車に乗ったまま映画を楽しめるドライブインシアターが開かれた。長引く新型コロナウイルス禍で落ち込んだ栃木を盛り上げようと、地域情報サイト「栃ナビ」が主催した。

採石場跡の切り立った壁に、プロジェクターで縦5メートル、横9メートルの映像を映した。普段とは違う幻想的な空間で、家族連れやカップルなど40組が車内から米国のアニメ映画「SING」を楽しんだ。

「大谷石」の採石場跡で開かれたドライブインシアター=18日夕、宇都宮市
「大谷石」の採石場跡で開かれたドライブインシアター=18日夕、宇都宮市

栃ナビによると、採石場跡でのドライブインシアターは初の試み。3Dデジタル技術を研究する宇都宮大の学生らにコロナ感染対策を徹底した会場のレイアウトや動線を検討するよう依頼し、9月ごろから本格的に準備を進めた。担当した山口睦生さん(23)は「普段の研究成果を存分に生かせた。実際に現場を見ると壮観です」と話した。


会員限定記事会員サービス詳細