上海でイクラ丼や日本酒 北海道の魅力アピール

18日、中国・上海の日本料理店で開かれた北海道の名物をPRするイベント(共同)
18日、中国・上海の日本料理店で開かれた北海道の名物をPRするイベント(共同)

北海道上海事務所は18日、イクラ丼や日本酒といった北海道の名物をPRするイベントを中国・上海の日本料理店で開いた。日本から輸入された道産食品にこだわり、新型コロナウイルス流行で往来が難しい中でも魅力を味わってほしいとアピールした。

中国で手に入る四つの蔵元の日本酒4種類を用意。このうちビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」でつないだ「日本清酒」(札幌市)の担当者は、同社の純米大吟醸が「気品ある香りと芳醇な味わいで、中華料理にも合う」と強調した。

18日、北海道の名物をPRするイベントで提供されたイクラ丼=中国・上海(共同)
18日、北海道の名物をPRするイベントで提供されたイクラ丼=中国・上海(共同)

道のブランド米「ななつぼし」を使ったイクラ丼やサンマの塩焼き、ホタテのバター焼きも提供した。インターネット上で影響力を持つ中国人インフルエンサーを含む約50人を招待。会員制交流サイト(SNS)などでの北海道情報の拡散を呼び掛けた。(共同)

18日、北海道の名物をPRするイベントで提供されたホタテのバター焼き=中国・上海(共同)
18日、北海道の名物をPRするイベントで提供されたホタテのバター焼き=中国・上海(共同)


会員限定記事会員サービス詳細