岸田首相「再生の道のり進めたい」 報道写真展鑑賞

「2021年報道写真展」を訪れ、自身の写真にサインをする岸田首相=18日午後、東京都中央区の日本橋三越本店(代表撮影)
「2021年報道写真展」を訪れ、自身の写真にサインをする岸田首相=18日午後、東京都中央区の日本橋三越本店(代表撮影)

岸田文雄首相は18日、東京都内で開催中の「2021年報道写真展」(東京写真記者協会主催)を鑑賞した。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で無観客となった今夏の東京五輪・パラリンピックなどの写真を見て回り、「スポーツのエネルギーを感じさせる写真が多くあった。今は大きな困難の中にあるわが国だが、未来に向け、再生の道のりを進めたらと思う」と記者団に語った。

首相は鑑賞後、10月4日の衆院本会議で第100代首相に選出された際の写真や、先の衆院選で自民党の麻生太郎副総裁らとともに当選者の名前にバラをつける写真に金色のペンでサインした。

会員限定記事会員サービス詳細