拉致被害者家族会前代表、飯塚繁雄さん死去 83歳 田口八重子さんの兄

拉致被害者家族会の前代表飯塚繁雄さん=11月13日午後、東京都千代田区
拉致被害者家族会の前代表飯塚繁雄さん=11月13日午後、東京都千代田区

北朝鮮による拉致被害者、田口八重子さん(66)=拉致当時(22)=の兄で拉致被害者家族会の前代表、飯塚繁雄さんが死去したことが18日、分かった。83歳。

東京都出身。平成19年11月、家族会の初代代表で、横田めぐみさん(57)=同(13)=の父、滋さん(令和2年、87歳で死去)に代わり、代表に就いた。17歳離れた末の妹である八重子さんら被害者の救出を求め、同年から約14年間、救出運動を牽引(けんいん)した。

近年は肺炎など体調の悪化から入退院を繰り返し、関連行事を途中退席することも増えていた。今年12月には、代表の職をめぐみさんの弟、拓也さん(53)に託した。その後も、八重子さんの長男で、養子として引き取った飯塚耕一郎さん(44)らに支えられながら、最期まで再会を待ち続けた。

>拉致家族会代表交代へ めぐみさん弟の拓也さん就任