陸自女性幹部がパワハラ 停職6カ月の懲戒処分

防衛省=東京・市ヶ谷(斎藤浩一撮影)
防衛省=東京・市ヶ谷(斎藤浩一撮影)

陸上自衛隊の陸上総隊司令部(東京都練馬区)は17日、女性の幹部自衛官が部下の人格を否定する言動を繰り返すなどのパワーハラスメントをしたとして、停職6カ月の懲戒処分とした。幹部自衛官は依願退職するという。

司令部によると、幹部自衛官は昨年11月~今年5月ごろ、他の隊員がいる前で部下の隊員に大きな声で威圧的な指導をするなどした。隊員は精神疾患を発症。幹部自衛官は「パワーハラスメントへの認識が甘かった」と話している。

司令部の前田忠男陸将は「同様の規律違反が発生しないよう教育を徹底する」とコメントした。司令部は個人の特定につながるとして、幹部自衛官や部下の年齢、階級、パワハラの詳しい状況などを明らかにしていない。