漏れ出た液体は可燃性か 24人死亡4人負傷 大阪・北新地ビル火災

多数の死傷者が出た大阪・北新地のビル火災の現場=17日午後5時25分、大阪市北区(沢野貴信撮影)
多数の死傷者が出た大阪・北新地のビル火災の現場=17日午後5時25分、大阪市北区(沢野貴信撮影)

17日午前10時20分ごろ、大阪市北区曽根崎新地の堂島北ビル(8階建て)で「4階が燃えている」と119番があった。大阪市消防局などによると、28人が負傷して病院に搬送されたが、4階から救出された27人が心肺停止となり、同日夕までに24人の死亡が確認された。大阪府警は同日、殺人と現住建造物等放火の疑いで、天満署に計約80人態勢の捜査本部を設置。4階のクリニックを訪れた50~60代くらいの男が紙袋を暖房器具の近くに置いて蹴ると、液体が流れ出して出火したといい、捜査本部が実態解明を進める。

捜査本部によると、火元とみられる4階には心療内科「西梅田こころとからだのクリニック」が入居。約25平方メートルが燃え、30分足らずで鎮圧された。死亡したのは男性14人、女性10人で20~60代とみられる。ほかに男女4人が治療中。いずれも大阪市内の13病院に搬送されており、死傷者らの身元確認を急ぐ。

捜査本部によると、火災直前、クリニックを訪れた男が紙袋を入り口の暖房器具付近の床に置いた。紙袋を蹴ると中から液体が流れ出し、炎が上がったとしている。液体は可燃性だった可能性があり、捜査本部は、紙袋を持っていた男が死傷者のなかにいるとみて確認を進めている。

一方、市消防局によると平成31年3月に行った直近の定期検査では、ビル全体に防火上の不備は確認されていなかった。このビルは階数や広さなどから法令上スプリンクラーの設置義務はなく、実際に設置されていなかった。また、クリニックの非常階段も不備は確認されなかったという。

現場はJR大阪駅近くの繁華街・北新地で、高級クラブなどの飲食店が並ぶ一角。現場には消防車や救急車約80台が出動し、多くの通行人らが救助活動を見守った。ビル近くで勤務する50代女性は「煙が出ているビルの4階に救助隊員がはしごで入っていった。その後、負傷者が次々に担架で運ばれていった。みんな担架から手がだらりと出ていたり、ぐったりとしたりしていた」と話していた。