鉄鋼工場で男性が1・5トンの鉄板の下敷きで死亡 千葉・旭市

17日午後2時25分ごろ、千葉県旭市清和甲のティー・エス・ティー旭工場で、工場内の清掃を行っていた60代の男性パート社員が、鉄板の下敷きになり、搬送先の病院で死亡が確認された。

旭署によると、同工場は鉄材の加工などを行う。男性が下敷きとなった鉄板は長さ約7・2メートル、幅約1・2メートルで重さ約1・5トンだった。当時、鉄板は作業台に置かれた状態で、2人の従業員が作業に従事していたという。