「空間除菌」広告根拠なし 2社に再発防止命令

「二酸化塩素のパワーでウイルス除去率99%」などとうたった空間除菌用品の広告には根拠がなく景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、消費者庁は17日、製造販売会社の「大木製薬」(東京都千代田区)と「CLO2 Lab」(兵庫県西宮市)に再発防止命令を出したと発表した。

消費者庁によると、大木製薬が販売したのは携帯型やつり下げ型など「ウイルオフ」シリーズの4商品。CLO2社は置き型やスプレータイプなど「オキサイダー」シリーズの5商品。いずれも令和元年5月以降、テレビCMや自社サイトで「菌・ウイルスを99・99%除去」「家中空間除菌」などと紹介していた。

同庁は根拠となる資料を2社に求めたが、提出資料には、密閉されたシャーレ内など日常の生活空間とは異なる状況での効果しか示されていなかったという。

2社は17日、自社サイトに「このような判断がなされたことは遺憾であり、法的措置を講じることも視野に入れて対応を検討する」(大木製薬)、「措置命令を真摯に受け止め、速やかに対応する」(CLO2)とのコメントを出した。