交番のオートバイ押し壊す 容疑で暴力団幹部の男逮捕

神奈川県警本部
神奈川県警本部

17日午前4時55分ごろ、相模原市中央区淵野辺の神奈川県警相模原署淵野辺駅北口交番で、男が敷地内に駐車してあった交番のオートバイを両手で押し倒して破壊。同署員が器物損壊の疑いで男を現行犯逮捕した。

逮捕されたのは、指定暴力団稲川会系組幹部で住所、職業不詳の小鹿和伸容疑者(54)。「酒を飲んでバイクにぶつかっただけだ」などと容疑を否認している。

同署によると、小鹿容疑者は普段から同交番にやってきて悪態をつくなどの迷惑行為を繰り返しており、同署員が再三にわたって警告を与えていた。この日も酒を飲んだ状態で現れ、同交番の外に出たところでオートバイを破壊。その場にいた同署員5人が小鹿容疑者を取り押さえた。

オートバイはフロントのフェンダーなど数カ所が壊れており、被害額は約3万9千円相当。防犯カメラには小鹿容疑者がオートバイを手で押し倒す一部始終が記録されていた。