統計書き換え、財務省関連は影響なし 鈴木財務相

鈴木俊一財務相
鈴木俊一財務相

鈴木俊一財務相は17日の閣議後記者会見で、国土交通省の統計書き換え問題を受け、財務省が所管する統計には「影響はない」ことを明らかにした。不正があった「建設工事受注動態統計調査」の結果を引用した統計がないことが理由。

財務省は、法人企業統計調査など統計法に基づく2つの基幹統計と、6つの一般統計を所管している。鈴木氏は「いずれも、それぞれの調査対象から提出を受けた調査票をもとに作成される統計」だと説明した。

国交省の建設工事受注動態統計調査は国内総生産(GDP)をはじめ政府が政策立案の根拠とする各種統計に活用されており、影響が懸念されている。