心肺停止の27人全員4階から救出 大阪・北新地ビル火災

火災現場を調べる消防隊員ら=17日午前11時5分、大阪市北区(鳥越瑞絵撮影)
火災現場を調べる消防隊員ら=17日午前11時5分、大阪市北区(鳥越瑞絵撮影)

大阪市北区曽根崎新地で17日午前に発生したビル火災で、心肺停止の27人はいずれも火元の4階から救出されたことが、大阪市消防局への取材で分かった。

大阪府警や大阪市消防局によると、17日午前10時20分ごろ、大阪市北区曽根崎新地の堂島北ビルで、「4階が燃えている」などと119番があった。

午前10時45分ごろにはほぼ消し止められたが、8階建てビルの4階フロア約20平方メートルが燃え、28人が負傷。このうち27人が心肺停止となり、患者を受け入れた病院によると3人の死亡が確認された。捜査関係者によると、男が火を付けたとの情報があり、府警は放火の疑いがあるとみて捜査している。

現場の4階にはメンタルクリニックが入居していた。クリニックのホームページは、心療内科と精神科の診療を行っていると紹介。金曜日は午前10時から診療が開始される。現場はJR北新地駅の近くで、飲食店やビルなどが並ぶ繁華街の一角。