首相、ファイザーと経口薬200万回確保で基本合意

新型コロナウイルスワクチンを供給する米製薬大手ファイザーのブーラ最高経営責任者(CEO)と電話会談する岸田文雄首相=17日午前、首相公邸(内閣広報室提供)

岸田文雄首相は17日、米製薬大手ファイザーが開発中の経口治療薬について、同日午前の同社のブーラ最高経営責任者(CEO)との電話会談で、200万回分を確保する基本合意を交わしたことを明らかにした。

©2020-2022 The Sankei Shimbun. All rights reserved.