日本海側、暴風雪に警戒 太平洋側山地も

12月17日午後1時現在の気象衛星ひまわりの雲画像
12月17日午後1時現在の気象衛星ひまわりの雲画像

日本付近は18日にかけて強い冬型の気圧配置となり、北日本から西日本では日本海側を中心に雪を伴う非常に強い風が吹くとして、気象庁は17日、暴風雪や高波に警戒を呼び掛けた。太平洋側でも山地を中心に大雪となる恐れがある。

気象庁によると、急速に発達する低気圧が日本の東から千島近海に達する。上空には強い寒気が流入し、冬型の気圧配置が強まる。