荒川河川敷にドローン飛行場 都内最大規模

「荒川河川敷ドローンテストフィールド」でドローンを操縦する北区の花川与惣太区長=16日午後、北区(内田優作撮影)
「荒川河川敷ドローンテストフィールド」でドローンを操縦する北区の花川与惣太区長=16日午後、北区(内田優作撮影)

北区の荒川岩淵関緑地バーベキュー場に17日、都内最大規模のドローン飛行練習場「荒川河川敷ドローンテストフィールド」がオープンする。荒川河川敷の新たな利活用を検討する同区と国土交通省の実証実験として作られたもので、ジョギングや草野球で人がにぎわうおなじみの河川敷の風景が一変するかもしれない。

「ドローンの可能性は大きい。この場所で多くの方に安全に利用してもらいたい」。16日に開かれた開所式では、北区の花川与惣太区長が、期待を込めてこう語った。

同練習場は、普段はバーベキュー場として使っている河川敷の広場のうち、障害物がない約3千平方メートルを3区画に分けて供用している。木、金、土の週3日、3時間7千円で利用可能。ドローンはロープで係留する必要がある。

近年、建設業界では、人の目が届かない橋などの点検や災害現場の調査にドローンを利用するケースが増加し、操縦の練習場所の需要も高まっている。

しかし、都内の練習環境には限界があった。国交省荒川下流河川敷事務所によると、23区内には十数カ所の練習場が所在するが、法令により人口が密集する地域での飛行は制限され、屋根やフェンスのない状態で練習できる場所はなかった。そうした中、今年9月に航空法の関係法令が改正され、ドローンをロープで係留すれば屋外でも届け出なく飛行できるようになったことで、本格的な屋外練習場開設への道が開いた。

区や同事務所は都心からアクセスが良く、23区でも屋外練習ができることをセールスポイントに人を呼び込みたい考えだ。散歩やスポーツといった従来の用途に加わる新たな地域資源としての可能性も探る。すでに練習場利用の相談も寄せられているという。