正論

経済安保政策の本気度を示せ 慶応大学特任教授・遠藤典子

慶応大学特任教授・遠藤典子
慶応大学特任教授・遠藤典子

近年、安全保障上の脅威が国土や領海、領空といった地理的な空間からサイバー・宇宙空間に広がり、新たな参入者と対立軸を生み出している。開発の初期段階であっても軍事技術体系を変える可能性が認められる人工知能などの新興技術や、それを支える半導体などの基盤技術が、安全保障環境を大きく左右すると考えられるようになった。

経済安保法制4つの柱

先日、米戦略国際問題研究所(CSIS)副所長のジム・ルイス氏と議論する機会があった。通常兵器等の輸出管理の多国間レジームであるワッセナー合意を主導したルイス氏は「21世紀の安全保障は経済と技術が主軸である」と明言した。

ランキング

  1. 【石平のChina Watch】「習氏ボイコット」が始まった

  2. 【正論】皇室の情報発信はどうあるべきか 作家・竹田恒泰

  3. 【新聞に喝!】時代とずれた価値観の強制 イスラム思想研究者・飯山陽

  4. 【産経抄】1月24日

  5. 【主張】世界遺産登録 ぶれずに佐渡金山推薦を

  6. 【浪速風】耐え続けている

  7. 【主張】日米首脳会談 「核抑止」の欠落は疑問だ

  8. 【主張】ウクライナ危機 米国支え露の侵攻を阻め

  9. 【産経抄】1月23日

  10. 【世界の論点】カザフ騒乱