遺族がフジテレビ提訴へ テラハ問題で木村花さん母

記者会見する木村花さんの母響子さん(中央)=16日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ
記者会見する木村花さんの母響子さん(中央)=16日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ

フジテレビの番組「テラスハウス」に出演したプロレスラー木村花さん=当時(22)=が会員制交流サイト(SNS)で誹謗(ひぼう)中傷を受けた後に自死した問題で、母、響子さん(44)と代理人弁護士が16日、東京都内で記者会見し、フジテレビと番組の制作会社に損害賠償を求める訴訟を来年に起こすと明らかにした。

響子さんは、花さんが亡くなる1週間ほど前に「あの人たち(制作側)は出演者を人間扱いしていない」と話していたとし「どこに問題があったのか、社内調査の結果も含めて真摯(しんし)に対応してほしい」と語った。

訴訟の前段階として、響子さん側は番組の未公開映像などの証拠保全を東京地裁に申し立て、地裁は今月10日、未編集のテープや台本などを提示するよう制作会社に命じた。代理人によると、検証物の提示命令が認められるのは異例。制作会社側は不服として争う姿勢を示している。