韓国、コロナ拡大で防疫強化 飲食店の反発も

16日、閑散とするソウル中心部の繁華街(共同)
16日、閑散とするソウル中心部の繁華街(共同)

韓国政府は16日、新型コロナウイルス感染再拡大を受け防疫措置を強化すると発表した。11月に規制緩和後、政府の感染対策が後手に回っていると批判が広がっている。年末年始の深夜営業ができなくなり、飲食業界の反発も大きい。

規制強化は18日から来年1月2日まで実施。飲食店の営業を夜9時までに制限し、私的会合の人数も全国一律で4人までとする。

16日、閑散とするソウル中心部の繁華街(共同)
16日、閑散とするソウル中心部の繁華街(共同)

政府は今月6日に規制を一部強化したが、14日の新規感染者が過去最多の7850人になるなど状況は悪化。疾病管理庁の鄭銀敬庁長は16日、首都圏の重症患者用の病床使用率が90%近くになり「感染者は(医療体制が)耐えられる数を大きく超えた」と述べた。文在寅大統領は「防疫措置を再び強化することになり国民に申し訳ない」と表明した。(ソウル共同)