山口、高橋が女子単16強 世界バドミントン第4日

女子シングルス2回戦 プレーする山口茜=ウエルバ(共同)
女子シングルス2回戦 プレーする山口茜=ウエルバ(共同)

バドミントンの世界選手権第4日は15日、スペインのウエルバで各種目の2回戦が行われ、シングルスの女子で第2シードの山口茜(再春館製薬所)はデンマーク選手に2―0で勝ち、台湾選手を退けた第12シードの高橋沙也加(日本ユニシス)とともに16強による3回戦に進んだ。

男子で第9シードの常山幹太(トナミ運輸)はデンマーク選手に1―2で逆転負けした。

ダブルスで男子の古賀輝、斎藤太一組(NTT東日本)はデンマークのペアに0―2で、岡村洋輝、小野寺雅之組(日本ユニシス)は2016年リオデジャネイロ五輪銀メダルのマレーシアのペアに1―2で屈し、女子の星千智、松田蒼組(日本ユニシス)は第2シードの韓国ペアに0―2で敗れた。(共同)