オミクロン株感染の女性、濃厚接触者はサッカー観戦

東京都庁第一本庁舎=東京都新宿区(佐藤徳昭撮影)
東京都庁第一本庁舎=東京都新宿区(佐藤徳昭撮影)

東京都は16日、8日に米国から帰国した20代の女性が新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」に感染していたと発表した。濃厚接触者にあたる20代男性も新型コロナ陽性と判明、オミクロン株感染の可能性が高いという。

男性は12日に等々力陸上競技場(川崎市)で開催されたサッカー天皇杯準決勝を観戦。男性と同じブロックには約80人いたが、日本サッカー協会は16日、「来場者の中に濃厚接触者に該当する人はいなかった」と管轄する保健所から判断されたと発表した。

都によると、女性は8日に帰国。成田空港の検疫では陰性だった。その後発熱したため検査し新型コロナ感染が判明。16日にオミクロン株だと分かった。現在は入院中という。男性のほか、帰国時に乗ってきた飛行機の同乗者も濃厚接触者にあたる可能性があり、都は乗客名簿の提出を受けて追跡調査を実施する。

一方、都は同日、これとは別に、空港検疫で判明したオミクロン株感染者の濃厚接触者のうち、都内待機者の中で初めて1人の新型コロナ感染が確認されたと明らかにした。オミクロン株か解析を進めている。