速報

速報

猟銃立てこもり、男の身柄確保

宮城の豚熱で殺処分完了 1万頭埋却、消毒進める

宮城県は16日、豚熱(CSF)の感染が確認された大河原町の養豚場と、隣接する白石市の関連農場で飼育する豚計約1万頭の殺処分を終えたと発表した。埋却や農場の消毒など防疫措置を20日までに完了する予定。

県によると11日、養豚場から豚の体調不良や死亡が増えていると連絡があり、12日に国の精密検査で感染が判明した。

県内の養豚場ではワクチン接種が済んでいるため、周辺農場からの移動や搬出の制限措置は取っていない。