石原派、森山派として再出発 他派閥との連携も模索

自民党石原派(近未来政治研究会)のパーティを終えて、ぶら下り取材に応じる森山裕総務会長代行(中央)ら=16日午後、東京都港区のホテルオークラ(松井英幸撮影)
自民党石原派(近未来政治研究会)のパーティを終えて、ぶら下り取材に応じる森山裕総務会長代行(中央)ら=16日午後、東京都港区のホテルオークラ(松井英幸撮影)

自民党石原派(近未来政治研究会、7人)は16日、東京都内のホテルでパーティーを開いた。派閥を率いてきた石原伸晃元幹事長が10月の衆院選で落選して辞任し、空席となっていた派閥会長には同日付で森山裕前国対委員長が就任した。

「政策集団としての歴史を考えながら、7人が力を合わせ、頑張りたい」

森山氏はパーティーで、新会長としての意気込みを語った。森山派は憲法改正や地方創生、財政規律をテーマに政策提言をまとめ、再建を期す。事務総長は坂本哲志元地方創生担当相が務める。

近未来政治研究会は平成10年に山崎拓元副総裁が創設。最盛期は42人が所属したが、24年に石原氏が会長就任後、退会者が相次ぎ規模は縮小した。先の衆院選では石原氏や会長代行の野田毅元自治相ら3人が落選し、11月に石原氏の弟の宏高衆院議員も退会した。

派閥関係者をめぐるトラブルも相次いだ。山崎氏は先の衆院選で立憲民主党の辻元清美氏を応援し、自民党から1年間の党員資格停止処分を受けた。石原氏は岸田文雄政権の内閣官房参与に起用されたが、自身が代表を務める党支部が新型コロナウイルス対策の雇用調整助成金を受給していたことが発覚し、辞任した。

森山氏は今後、派閥の結束を深めつつ、政策や考えの近い菅義偉前首相や二階俊博元幹事長らの派閥や議員グループと連携し、存在感を高めていくとみられる。森山氏はパーティー後、記者団に「特定の派閥を考えているわけではないが、政策によって連携していくこともある。われわれの政策と近い人に首相になってもらうことは大事だ」と語った。

◇おことわり 自民党石原派が森山裕前国対委員長を新会長に決定しましたので、今後は呼称を「森山派」とします。