営業時間制限の再導入検討 韓国、コロナ感染者が最多

15日、ソウル駅近くに設けられた施設で新型コロナの検査を待つ市民ら(共同)
15日、ソウル駅近くに設けられた施設で新型コロナの検査を待つ市民ら(共同)

韓国の金富謙首相は15日の政府会議で、新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからないことを受け、防疫指針を強化する方針を示した。飲食店などの営業時間制限の再導入や、私的会合の人数制限強化を検討しており、近く対策をまとめて発表するとしている。

15日、ソウル駅近くに設けられた施設で、新型コロナの検査を受けるため並ぶ市民ら(共同)
15日、ソウル駅近くに設けられた施設で、新型コロナの検査を受けるため並ぶ市民ら(共同)

韓国政府は15日、14日の感染者が過去最多の7850人に上ったと発表した。首都ソウルの感染者は初めて3千人を超えた。防疫指針強化については、自営業者らへの損失補償も同時に発表するとした。

15日、ソウル駅近くに設けられた施設で新型コロナの検査を受ける市民ら(共同)
15日、ソウル駅近くに設けられた施設で新型コロナの検査を受ける市民ら(共同)

政府は、ワクチン接種率が高まったことを受けて11月から営業時間制限を撤廃するなど防疫指針を緩和したが、その後に感染者が急増。今月6日から私的会合の人数制限を強化していた。(共同)