始動左の本格派 鈴木昭汰

1年目、応援に感謝 体鍛え直し来季は主力投手に

クライマックスシリーズのオリックス戦で登板した鈴木昭汰投手=11月10日、京セラドーム大阪(薩摩嘉克撮影)
クライマックスシリーズのオリックス戦で登板した鈴木昭汰投手=11月10日、京セラドーム大阪(薩摩嘉克撮影)

入団して1年がたちました。1年が、こんなに早いものだと思いませんでした。

契約・入寮・キャンプすべてが初めての経験だったので、わからないことも多く、常に新鮮な気持ちでしたし、自分の中ですごくバタバタしていた印象です。キャンプを迎えるにあたっては、結果を残していかないといけない中で必死になって取り組んでいました。

指名あいさつは確か、12球団のドラフト1位の中では一番早かったと思います。あまり実感も湧かないまま、あいさつが始まり、スカウトの方々と話をして、緊張していたことは鮮明に覚えています。何もわからぬまま、「謎の魚」(球団公式マスコット)の被り物を被ったことが印象深いです。

初めての契約でようやく実感が湧きましたし、憧れも加わってきて、「プロ野球の世界だな」と思いました。契約会見では多くの報道陣に集まっていただき、今までそういう経験がなかったので、ドラフト1位でプロに入った実感がさらに湧いてきました。

その後、新入団会見がありその時初めて同期入団の選手たちと顔を合わせることになりました。皆が人見知りで、打ち解けるまで少し時間がかかりました(笑)。

1日目は寮の見学など、2日目は会見と、2日間あったので、なんとか打ち解けることができました。会見で、背番号がついたユニホームを初めて着たので、うれしさもありましたし、さらに頑張ろうと思える瞬間でした。

来年には新人選手が入ってくるので、もちろん、負けたくないです。1年間、これだけ経験させていただいたので、それを生かして、来季はもっと優勝争いをしている中で、主力にならなければいけないと思います。そのためには、このオフシーズンが重要になってきます。大事な場面で活躍できる選手になりたいです!

しっかり投げ切るスタミナ・後半戦も投げ抜くスタミナを強化するために投げ込み、走り込んで体をいじめて、いい状態でキャンプに入りたいです。そして、キャンプ初日から開幕1軍を前提とし、1年間フルで戦力になれるように準備をしていきたいです。

マリーンズファンの皆さま、一年間応援ありがとうございました。

今年は、チームも自分も悔しい思いをしたので、来シーズンはリーグ優勝、そして日本一になれるよう1年間フルで頑張るので、来年も応援よろしくお願い致します。

早くロッテの応援を生で聞きたいです!

鈴木昭汰のコラムを1年間読んでいただき、ありがとうございました。=おわり

鈴木昭汰(すずき・しょうた)】 平成10年9月生まれ。茨城県土浦市出身。常総学院のエース左腕として3度、甲子園に出場。法大から昨秋のドラフト1位指名で千葉ロッテに入り、1年目の成績は23試合登板で1勝4敗、防御率4・08、奪三振76。

会員限定記事会員サービス詳細